現在表示しているページ
トップページ»シロアリ駆除»施工方法

シロアリ駆除

施工方法

薬剤散布によるシロアリ駆除・施工方法についてご説明いたします。

シロアリ防除には、家に侵入していないシロアリをバリアする方法既に進入しているシロアリを駆除する2種類があります。

  • 写真:穿孔処理穿孔処理
  • 写真:木部処理木部処理
  • 写真:土壌処理土壌処理
  • 写真:浴室穿孔処理浴室穿孔処理

家屋内に侵入してしまっているシロアリに対しては、薬剤を散布することで駆除します。木材や壁の中にいるシロアリをドリルで穿孔した穴から薬剤を注入します。

そして、次に新たなシロアリが侵入してこないように、あらかじめ薬剤を散布してバリアを作ります。この薬剤のバリアは5年間効力が持続しますので、その間は万が一再侵入されてしまった場合でも、保証いたします。

施工方法は次の通りです。
  1. 最初に、調査担当者とお客様の間でシロアリ防除についての段取りを確認いたいします。
    現在はカメラなどが普及しているので、床下の状況を写真を使ってご説明いたします
  2. 床下に入る場所を確保します。
    台所に床下点検口がある場合はそこから床下に入ります。点検口が無い場合、和室から点検口を作りそこから床下に入ります。
  3. 床下作業について
    まず、床下の木部に被害がある場合、木部を穿孔処理します。そこから薬剤を注入する為です。機械を使い穿孔した場所に薬剤を注入します。床下全面の木部に木部専用薬剤を散布します。床下全面の土壌に土壌専用薬剤を散布します。土壌処理を行うことによりシロアリが上がってこれなくなります。
  4. 室内作業について
    床下作業だけでは完全に防除できない場合があります。その場合は室内から薬剤を注入します。(タイル風呂、トイレ、玄関など)