現在表示しているページ
トップページ»シロアリ駆除»悪徳業者にご注意!

シロアリ駆除

シロアリ防除の悪徳業者にご注意!

シロアリ防除業者に悪徳業者いることは事実です。

良い業者を見分ける為に次の項目の説明をします。

オーバートーク

床下を点検したシロアリ防除業者は、問題が無ければ「問題ありません。ご安心してください。」と言うのが普通です。

過去にシロアリが入った木材をポケットなどに入れて、それをお客様に「シロアリがいました。すぐに消毒をしたほうがいい。」など言った例があります。

こちらの例は悪徳業者ではありません。
  • 床下の調査をして、シロアリ防除の薬剤を一度も散布していなかった場合、お家を守るために防除をしたほうが良いと言う場合。(但し強制的には勧めない)
  • 床下の調査をして、木材にカビや腐朽菌(カビの一種)があった場合、防カビの処理をしたほうが良いという場合。(但し強制的には勧めない)
  • 床下の調査をして、湿気がある場合、本当に換気扇を取付けしたほうが良い時には床下換気扇を勧める。(但し強制的には勧めない)

こちらはすべて、床下を点検した場合、写真をお見せしてご説明いたします。

お見積書と契約書

床下を点検して、なにかあった場合には見積もりを書きます。見積もりにも悪徳な例があります。床下の面積を実際の面積より多くするなどです。

見積もりを書くのは良いですが、それを判断するのはお客様です。金額も決して安くはありません。ですが、即答を待つ為にずっと居座るなど、迷惑な例もあります。

そこで、クーリング・オフというものがあります。クーリング・オフとは消費者を守るため、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度です。

シロアリ駆除や予防、床下換気扇の設置などで訪問販売を受けた場合、特定商取引法の訪問販売に該当しますのでクーリング・オフできます。工事が完了していても、契約書面の交付された日から書面通知で8日間なら問題ありません。