現在表示しているページ
トップページ»シロアリ駆除»シロアリの生態と被害

シロアリ駆除

シロアリの生態と被害

シロアリの生態と被害について説明いたします。

岩手県に生息するシロアリはヤマトシロアリです。

ヤマトシロアリは、毎年4月下旬から5月下旬にかけて "羽アリ"として集団で一斉に飛び立ちます。

まさにその時期が、お客様がシロアリを目にする唯一の機会です。

シロアリとクロアリの違い

シロアリはアリの仲間ではありません。実はゴキブリの仲間です。

シロアリの体色は白ですが、シロアリもクロアリも羽アリになります。

シロアリは羽アリになると体色は黒くなるのでクロアリとの区別は難しいです。

シロアリの被害

見えない所で徐々に木材を侵食していくシロアリ。

シロアリ(羽アリを除く)は決して日光に当たる生き物ではなく、湿った所を好む生き物です。よって、お家の床下の木材を好んで食べます。

家の土台や軸組、柱、天井裏まで、その被害は凄まじい勢いで拡がっていきます。

  • 写真:シロアリの被害-1
  • 写真:シロアリの被害-2
  • 写真:シロアリの被害-3
  • 写真:シロアリの被害-4